田七人参で物足りない人にアントロキノノール


紅敏風・小粒(ベニクスノキタケ・牛樟芝・トリテルペノイド・Triterpenoid)
RASLE・紅敏風(ソフトカプセル・日本向け正規輸入品)・Extract of Antrodia Camphoretaの特徴
Goldenbiotechは独自の技術「固体培養」によりベニクスノキタケの量産に成功
Goldenbiotechの培養したベニクスノキタケの成分は天然のものとほぼ同じ
夜のお付き合いの機会が多い方、いつまでも健康でいたい方。
高濃度の特許成分Antroquinonol(アントロキノノール・アメリカFDA P2申請中)を配合
名称:ベニクスノキタケ加工品
保存方法:直射日光、高温多湿を避け、冷暗所にて保管してください。
株式会社GoldenBiotecnorogy Japan

史上初、数億円以上の資産がある方にお勧めのサプリメントです。

田七人参と参七人参の違い

ドラッグストアに行くと迷うのが、
「参七人参」と「田七人参」の違い。

これは、中国での名称と日本での名称程度の違いや由来の違いです。
田七人参の由来は、その畑で栽培するとその後7年間収穫が出来ないほど、養分を吸い取ってしまう。
参七人参(三七人参)の由来は、育った形、上から3枚の葉っぱの下に7枚の葉っぱが有る。
諸説有るが、いずれにしても、身体を整える、静めるのに良いサプリメントです。

日本人の白井博隆が有機で栽培した田七人参が安心

日本人の白井博隆が有機で栽培した田七人参を主原料としています。古来より大変貴重な物として珍重されてきた田七人参ですが、栽培から収穫までに最低でも3年の歳月を必要とします。そのため慣行栽培の場合、長期間に渡る栽培リスク回避のために化学肥料と農薬の力を借り栽培しております。白井博隆の田七人参は自然の力で栽培した田七人参であり、最高の品質と安全性を誇ります。

田七人参配合のミミズ乾燥粉末サプリメント

<日本国内原料&製造>
最新・第3世代のミミズ乾燥粉末(LR末Ⅲ)「GPT・赤い激龍」・栄養機能食品(ビタミンB系)
LR末3「GPT・赤い激龍」(90カプセル)栄養機能食品(ビタミンB系)
田七人参配合
LR末3「GPT・赤い激龍」(90カプセル)栄養機能食品(ビタミンB系)

有名なミミズ粉末
シンクリール

シンクリール

栗本慎一郎教授が命懸けで贈るシンクリール、増え続けるご愛用者!
栗本慎一郎教授のシンクリールを格安販売!
■血流や、血管の健康管理に。さらさら血液に!
■カラダがだるいと感じる方
■血糖値や血圧、コレステロール、中性脂肪が気になる方

■ルンブルクスルベルス
ルンブルクスルベルスとは、欧米原産の赤ミミズの学名。
シンクリールは、旭化成の専用施設で養殖されたルンブルクスルベルスのみを使用し製造されています。

■田七人参
「片仔廣」といえば、日本人によく知られた中成薬のひとつであり、この名薬に含まれているのが田七人参で、お金にも換えがたい責重なものという意味で「金不換」という呼び名もあります。

■EPA
EPA(エイコサペントエン酸)は、多価不飽和脂肪酸。食品からとらなければ、人間の体内では作ることができないもので、いわし、さばなどの青魚の脂肪に多く含まれる。

■血管、血液の健康を
現在では、血液の健康の重要性は周知のこととされています。不健康な血液の状態は、高血糖、高血圧、高コレステロール、中性脂肪の原因になります。 血液をサラサラにする薬もありますが、それらの薬の多くは血小板の働きを抑制するもので、出血した際に血が止まりにくくなるという副作用があります。また、血液サラサラ食品といわれるタマネギ、キノコ類など数多くの食品にも同様の働きをするものが多いので、栗本教授はこれらの摂取には十分注意が必要でないかとの見解を示されています。

ルンブルクスルベルスは、薬やタマネギ、キノコ類などのサラサラ食品とは違い、血小板の働きを抑制することがなく、副作用の心配がない安全な食品で血液の健康に役立つ食品であると、栗本教授は考えました。

日本では田七人参ですが、中国では

身体に良いでの有名な「田七人参」。

日本では「田七人参」と表記しますが、
中国では「三七人参」と表記します。

一番有名なのが、中国の雲南省文山県が有名
有効成分の「サポニン」を中心に、数多くの栄養成分がたっぷりバランス良く含む。

かつて、「金不換」金と交換できない、金と変えがたいなどの意味。
それほど、高価だという言い伝えです。

健康博覧会が開催中3.12から3.14まで

健康博覧会が開催中2014.3.12から3.14まで。

アンチエイジングや美容に関する情報収集にお出掛けください。

水素水、美白、マイクロバブル、酵素などの出店が揃う。

※日本(東芝)の最先端技術(NAND型フラッシュメモリー技術)が、
韓国のSKハイニックスへ、違法に漏れて、漏洩者を逮捕。

田七人参が喜ばれるわけと高い訳

新年明けまして おめでとうございます

といっても、明けてから9日過ぎましたが・・・!

日本も古来から、田七人参の良さが中国から伝わり、
健康に良い(滋養強壮)がお値段が高いと、
なかなか庶民には手が届かなかった。

どうしてこんなに高いのかと言うと、
田七人参を植えた畑は、土の栄養分がほぼ吸い取られ、
翌年から数年間も作物が育たないようだ。

毎年毎年同じ畑で育てられないので高いのだ。

でも、ココ数十年は育て方などが研究され、
効率の良い畑も有るそうだ。
その分少しは安くなっている。